Column コラム

子どもができる前?後? 夢のマイホーム、買い時はいつ?

お金のことライフプランリノベーション

 

happy family father and child playing in the pilots dream of traveling

 

結婚したら誰でも一度は考える、「夢のマイホーム」。

「夫婦2人のうちに購入してしまおう」
「やっぱり子どもができてから考えよう」
「子どもが小学校にあがってからにしよう」

など、どのタイミングで購入するか、迷うことはありませんか?

金額が大きいだけに、慎重になりますよね。

結局、いつ買ったらいいの?……そう思われている方も多いと思います。

ただ、実は、住宅のプロ目線から見て、マイホーム購入のタイミングにオススメしない時期というものがあるのです。

詳しくは記事のなかでお話しますが、収入の安定しない時期・見通しが立てにくい時期は避けた方が無難です。

ここでは、いったいいつマイホームを購入すべきなのかを、家庭環境や収入など、具体的な事例を用いてお話します。

この記事を読んでいただければ、あなたも迷わずマイホームの購入準備ができるようになりますよ!

 

人生でマイホームを購入しようと思う4つのタイミング

 

人生最大の買い物といわれる、マイホーム。

金額が大きいだけに、その後の自分の人生を大きく左右するライフイベントの一つですが、どんなタイミングで購入に踏み切ればいいのか、迷っている人は多いと思います。

一般的に、人がマイホームを購入しようと思うタイミングは、大きく4つあるといわれています。

 

① 結婚したとき

② 子どもを授かったとき

③ 子どもが幼稚園に入るとき

④ 子どもが小学校に入るとき

 

ここから、1つひとつのタイミングについて、掘り下げてみたいと思います。

 

 

早まらないで!結婚したばかりの家購入

①の「結婚したとき」を見てみましょう。

周りからの祝福を受けて、結婚をしたばかりのカップルにとって、家づくりは大きな関心事。人によっては、親からのお祝儀を頭金に利用し、結婚後すぐに、そのまま家購入に踏み切るということもあるようです。

 

しかし、率直に言って、このタイミングはおすすめしません。

 

結婚したばかりでは、家計の収支状況が未知数であるというのが大きな理由です。結婚生活をしばらく続けることで、生活のパターンが確立され、どのようにお金を使っていくのかが見えてきます。

 

稼ぎ手はご主人だけなのか、はたまた共稼ぎか。また、共稼ぎだとしたら、奥様はいつまで働くのか。こうしたライフプランが十分に話し合われる前に、大きな買い物をするのは、とても危険です。

 

結婚後しばらくは、収支状況を確認することが大切です。住居費を今後いくらかけていけるのか。どれくらいの物件が無理なく買えるのかを見据えて、十分な貯蓄と家計のやりくりを準備しておくことをおすすめします。そのために、住宅を購入したときに月々どれくらい払っていけるのかをイメージしておくといいでしょう。

 

また、子どもの人数についてもわからない状態で家を購入した場合、その後の家のスケール感が合わなくなり、買い換えを余儀なくされるケースもあります。これは、後ほど詳しく見ていきましょう。

 

 

 

妊娠がわかったら、家が欲しくなる

 

ここからは、子どもの年齢と成長に合わせた家購入のタイミングを見ていきましょう。

 

なかでも、一番大きなきっかけと言われているのが、②の「子どもを授かったとき」。

 

子どもができると、やはり親になる二人は、最良の環境で育ててあげたいと思うもの。また、子どもができたことで、結婚直後よりは将来的なライフプランも見えてくるので、マイホーム購入が具体的になってくると言えます。

 

子どもを育てたい環境はどんなものか、また、働きながら育てるのか、育児に専念するのか。今後の教育費も視野にいれながら、具体的に計画を練るいいチャンスではあります。保育園を考えている場合は、通勤ルートと保育園の場所などもきちんとリサーチしておきましょう。保活と家づくりを同時進行することにもなりますので、注意が必要です。

 

 

3歳児は子育てのターニングポイント

 

 

幼稚園も保育園も、3歳児は子育てにおいて大きなターニングポイントになります。幼稚園の場合で言えば、初めての通園。この幼稚園がある場所も、生活動線で大切になってきます。子どもにとって、無理なく通園できる場所に、マイホームを考えておきたいと思うのが一般的です。

いままでずっと家にいた子どもが通園することで、お母さんにも時間ができ、腰を据えてマイホーム購入に取り組むことができるというのも、このタイミングが多い一因です。

 

保育園では3歳児からの保育料がかなり安くなり、負担が減る年齢でもあります。0〜2歳児で高額な保育料を払っていた分を、住宅ローンに回すことができるというのも、このタイミングの利点です。

 

 

 

マイホームの買い時は、小学校入学まで

 

マイホーム購入は、できれば小学校に入る前までに計画しておくことをおすすめします。

 

6年間通うことになる小学校。本格的な学習がはじまり、友達づくりも大切な時期です。両親にとっては、進学などの子どもの教育プランをかためはじめる頃であり、腰を落ち着けるタイミングだと考える人が多いのもこの時期です。

 

小学校の途中で、マイホームを別のエリアに購入してしまうと、子どもは転校をしなければなりません。この時期の子どもにとって、友達関係は親子関係よりも比重を置かれる大切なもの。子どもによっては、ストレスを感じることも大いにあります。

 

さらに、子どもが小学生になるということは、両親の年齢もそれなりに高いということを忘れてはいけません。ご主人の年齢によっては、住宅ローンの借入金額が少なくなってしまう場合もあります。このタイミングで買うことを考えているならば、頭金のために十分な貯蓄をしておく必要があります。

 

 

どれくらいかかる?マイホーム購入に必要なお金

 

住宅ローンのフラット35を扱う住宅金融支援機構の統計によると、日本の住宅購入費用の平均額は、3,733万円。

単純に、物件の価格だけを考えてしまうものですが、実際には、初期費用や、購入後にかかってくる固定費などもあります。

 

購入のときに現金で準備するお金

 

家を買うときに必要な税金や手数料を、購入諸費用といいます。不動産登記にかかるお金、引っ越し代など、思いがけず現金が必要になりますので、覚えておくとよいでしょう。

 

また、頭金も現金での準備が必要です。

このとき、親などからの援助を受ける場合は、「住宅取得資金贈与」について知っておきましょう。この制度は、子どもが自宅を家を購入するときに、無税で住宅購入資金を贈与できるというものです。

なるべく多く頭金を入れれば、返済はぐっと楽になります。制度の金額についてきちんと調べて、家族で話し合っておきましょう。

 

購入後にかかるお金

 

長期にわたって毎月返済していくことになる住宅ローン。そして、固定資産税などの税金。マンションの場合は、管理費や修繕積立金なども必要になります。毎月、定期的に払うことになる金額は、あらかじめ家計に組み込んで考えておく必要があります。

 

住宅購入諸費用の目安とは

 

購入物件やローンの借り方にもよって異なりますが、だいたいの目安として、以下の金額が諸費用の目安と言われています。

※売り主(不動産会社等)から直接購入する場合は、購入諸費用は少なくなります。

 

新築マンション……物件価格の3〜5%

中古マンション・新築・中古の一戸建て……物件価格の6〜13%

 

3500万円の新築マンションを購入した場合、購入諸費用は105万〜175万円。ここに加えて、引っ越し費用や、家具の購入なども必要になります。

 

マイホームの金額は、世帯年収と頭金によって変わります。

詳しくは、同コラム

年収から考える「住宅ローン」と無理のないマイホーム購入。返済可能な金額を徹底検証!

を参考に、ぜひ、計算をしてみてください。

 

 

教育費と老後の資金も忘れずに試算を

 

マイホームには、物件価格以外にもかかる諸費用があることがわかりました。

家を買うためには、このほかにも、大切な家族の将来のお金について考えておく必要があります。

 

子どもの教育費は、幼稚園から大学まで、すべて公立でいったとして、一人約800万円。すべて私立だとすると、約2000万円かかると言われています(文部科学省 日本学生支援機構統計参照)。

子どもが大学を卒業して自立するまでにいくらかかるのか。そのとき、両親は何歳で、年収はいくらなのか。きちんと把握しておきたいところです。

 

さらに、定年後にかかる生活費をみてみましょう。

65歳で定年をしたとして、その後の10年間にかかる暮らしには、2676万円。旅行などのゆとりを加えると、老後10年には4392万円かかるとされています。

平均寿命が85歳だとすれば、単純にその倍の金額が老後にかかります。

 

つまり、住宅ローンを組む年齢が高ければ高いほど、老後の暮らしに負担がまわっていきます。

 

教育費と老後の資金は、住宅費と同等にかかってくる大きな金額です。

住宅ローンは、なるべく定年時までに返し終わり、退職金は老後の資金に回せるのが理想的です。

 

とはいえ、こうして人生にかかるお金の総額を見ると、マイホームの夢が遠のくような気がするのも事実。二の足を踏んでしまう人もいるでしょう。

そんなときは、家を購入する前に、一度ファイナンシャルプランナーに家計診断をしてもらうことをおすすめします。将来のプランを具体化するだけでなく、ふだんの家計に潜む、おもがけない無駄づかいも洗い出すことができます。

マイホーム獲得への早道は、やはり家計のやりくりにあるのです。

 

 

マイホームを購入を急ぎすぎたA子さんの場合

 

現在、都内でリノベーションした2LDKのマンションに暮らすA子さん(43歳)は、5歳の息子さんとご主人(38歳)との3人暮らし。

実は、現在の住まいは、2度目の購入物件になります。

 

15年前、28歳のときに結婚をしたA子さんは、都内の出版社に勤務するバリキャリ女性。結婚直後は、3年後を目処に出産し、子どもは2人欲しいと考えていました。子どもとの生活を目して、A子さんが30歳のときに、郊外に二階建ての建て売り住宅を4,500万円で購入。2階が広いリビングで、1階には3部屋を有する庭付きの物件でした。

 

しかし、思ったタイミングでは子宝に恵まれることがありませんでした。不妊治療を続けながら、都内の勤務先まで、毎日片道1,5時間をかけて通う日々。庭の手入れもできず、雑草は伸び放題。子ども部屋にするはずだった2つの部屋も、ただの物置になってしまったといいます。心身ともに疲れたA子さんは、ご主人と引っ越しについて話し合うようになりました。

 

「もう、子どもは諦めて、夫婦二人での人生を考えたい」。

そう言うA子さんに、ご主人が言いました。

「君が楽になる方法を考えよう。だけど、子どものことは、完全に諦めるのではなく、もしも、僕たちのところに来てくれることがあるのなら、神様からのギフトを受け入れよう。そのために、ゲストルームは用意して、もしものときには、子ども部屋にしよう」。

 

A子さん夫妻は、郊外の家を売却し、かわりに、都内で中古マンションを購入し直して、リノベーションする決断をしました。そのタイミングで、嬉しい奇跡が起きたのです。子どもを諦めていたA子さんは、妊娠に気付いたのでした。

 

現在、A子さんは、お子さんを近くの保育園に通わせながら、働くお母さんとしてイキイキと生活をされています。

 

「結婚してすぐに、家を買ったのは本当に失敗だったと思います。戸建を売却したときには、1500万円も価値が下がっていました。でも、今思えば、仕事を続けたいと考えていた私が、郊外で2人も育てることは難しかったと思います。はじめから、もう少し余裕を持って自分のライフプランについて考えていたら、もう少し広いマンションに今子どもと住めていたかもしれません(笑)。ですが、子どもとの時間がしっかりと取れる現在の暮らしには、とても満足をしています」

 

 

「中古マンションのリノベ物件」を子育て世代にすすめたい理由

 

誰しも、緑豊かな環境にある広い家で、子どもをのびのびと育てたい、と思うものです。しかし、関東圏で働く人々にとって、それはなかなかハードルの高いもの。通勤時間のかかる郊外に暮らすことで、せっかくの家族の時間が奪われてしまったら。平日の激務に疲れ果て、土日もお父さんは寝てばかり。そんな生活は、本末転倒ですよね。

 

できるだけ家族の動線がスムーズなエリアで暮らすのは、都会ではやはりコストがかかります。そこで、おすすめしたいのが、中古マンションのリノベーションなのです。

 

低コストで購入出来る中古マンションを、家族に合わせてカスタマイズできるリノベーション。間取りの工夫とインテリア次第で、家族の距離がぐっと縮まる理想の暮らしが実現できるのです。

 

通勤時間も短く、早く家に帰れる生活。働くお母さんの負担も減ることでしょう。毎日のゆとりから、土日は家族とフルスロットルで遊ぶことも可能です。都内の遊び場巡りから、郊外ヘ足を伸ばすことまで、自由自在な過ごし方を満喫できます。さらに、学校の選択肢も増え、教育機会は格段に上がるのも、都心の暮らしのメリットです。

 

小学生に入るまでに、マイホーム購入を。

都会の生活ならば、ぜひ中古マンションのリノベーションでコストを押さえて、ゆとりのある教育、そして老後のプランを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

コラムニストプロフィール

小野 雅司

小野 雅司

大阪府出身。海と山に囲まれた環境に憧れ、湘南に移住。休みの日は、家族と共に海や山へ散歩に出かけるのが一番の楽しみです。
学生時代は京都大学大学院にて建築デザインを専攻し、卒業後は不動産アセットマネジメント会社に入社。大型不動産投資案件のトランザクションに関わってきました。しかし、デザインの道を諦めきれず、リノベーション会社TAMAGO FACTORYを立ち上げ、空田との出会いからコソダテリノベの設立につながりました。 「リノベーション×教育」という今までにないコンセプトのもと、お客様であるパパ・ママ・お子様の未来を一緒に描いていきたいと思っております。

一覧に戻る